システム開発,独自理論

No Image
はじめに

SE(プログラマー含む)は、大きく「職業SE」と「技術SE」の二つに分類できる。
但し、人によってどちら寄りかのバランスは異なる。
特に職業SEは、PCが普及した昨今、SE全体での比率として急増している。

独自理論

No Image
はじめに

設計やプログラミングに限ったことでは無いが、作業は「直接作業」と「間接作業」に大別される。
スケジュールの遅れの多くは、間接作業に起因していると私は考えている。
間接作業は、見えにくいが大事な作業である。

独自理論

No Image

プログラミング評価レベルとは

プログラムは単に仕様通り動けば良いというものではない。
従ってプログラミングそのものの評価レベルを以下のように定義する。
ここでは近年主流であるオブジェクト指向型言語に基づいたレベル分けとし ...

独自理論

No Image

IT技術熟練度レベルとは

IT技術スキルに関して、熟練度を以下の7段階(レベル0~6)に定義する。
あくまで、本サイトの独自定義であり、IPAが定めるITSS(ITスキル標準)とは無関係。
主としてプログラミングに関する ...